札幌の女性弁護士安田英里佳が、離婚事件を担当する場合の相談料と弁護士費用について、お話しいたします。

1 相談料

1回あたり 10,000円(消費税込)

時間の長い・短いに関係なく、ご相談1回あたりの金額です。

相談時間に特に制限はありません。1時間~2時間程度が目安です。

時間が長くなっても、心配せず、ゆっくりご相談してください。

※ 相談料(10,000円)は、相談当日に、現金でのお支払をお願いしております。

※ よその弁護士の無料相談と安田英里佳法律事務所での有料相談、どっちが良いかしら?とお悩みの方は、離婚相談をする弁護士選びのご参考に、ブログ「賢く選ぼう!弁護士の離婚相談~どの弁護士に離婚相談したら良いの?とお困りの方へ・・・」もご覧いただければ幸いです。

2 離婚事件の弁護士費用

弁護士費用には、大きく、①着手金、②報酬③実費の3つがあります。

① 着手金

弁護士に依頼する時点で支払うお金です。結果がうまくいく、いかないに関係なく、これから事件をすすめるにあたってお支払いいただくお金のことです。

※ 着手金は、委任契約書を作成後、振込口座をお伝えしますので、後日、振込でお支払いただきます。着手金を相談当日に現金で用意する必要はありません。

② 報酬

事件が終了した時に、相手方から慰謝料(解決金)、財産分与や養育費など、お金を支払ってもらったり、不動産などの財産をもらったりすることに成功した場合に、頑張った弁護士へのご褒美として支払うお金です。

③ 実費

内容証明郵便代、裁判所におさめる印紙代・郵便切手代や交通費など、実際に印紙、切手やキップを買ったり、手数料を支払ったりする分のお金です。

なお、裁判所が札幌より遠くて、裁判所に行くために出張しなければならない場合などには、①~③とは別に④日当(移動などのために拘束される時間の長さに応じて支払うお金。)がかかる場合もあります。

 

< 離婚事件の弁護士費用 >

安田英里佳法律事務所では、離婚事件の弁護士費用について、わかりやすくイラスト入りでまとめたオリジナルリーフレットもご用意しております。

お気軽にお問い合わせくださいませ。

①  着手金

☆交渉・調停・訴訟のうち、1つの手続のみを行う場合。
   
32万4000円(税込)

原則として、離婚事件の場合は、調停または訴訟手続からの受任としております。

不貞相手女性に対する慰謝料請求や、離婚事件で既に夫側弁護士から請求等がある場合には、交渉から受任可です。

詳細については、お問い合わせくださいませ。

☆ 引き続き、次のステップ(手続)に進む場合。 
   追加して16万2000円(税込)

ex. 1 当初ご依頼が離婚調停。引き続き、離婚訴訟をご依頼の場合。

追加 16万2000円(税込)

(調停・訴訟合計 48万6000円)

ex.2 当初ご依頼が離婚交渉。引き続き、離婚調停をご依頼。その後離婚訴訟をご依頼の場合。

交渉→調停移行時:追加16万2000円(税込)

調停→訴訟移行時:追加16万2000円(税込)

(交渉・調停・訴訟合計 64万8000円)

☆ 相手が起こした面会交流調停(子の監護に関する手続)に追加対応する場合。 
   追加して 5万4000円(税込)

 

②  報酬

次のA・Bを合計した金額となります。ただし、最低報酬額は10万8000円(税込)となります。

A  財産分与、慰謝料、解決金など、まとまったお金・財産を受領した場合

→ 受領した金額の10%(+税)

B  婚姻費用や養育費を受領した場合

 → 婚姻費用・養育費の月額 × 2か月分 (+税)

 

③  実費

内容証明郵便代、裁判所におさめる印紙代・郵便切手代や交通費など、実費は、基本的には、弁護士で一旦立替払いし、事件終了時にまとめてご精算をお願いしております。

ただし、慰謝料請求額が高額であるために裁判所に納める印紙代が高額となる場合や、長距離出張による交通費・宿泊費等を要する場合などには、弁護士において立替払いをせず先にお支払いをお願いする場合や、事件終了前に都度ご精算をお願いする場合もございますので、ご了承ください。

3 ここまでを読んで、まとまったお金を用意するのは無理!と思った方へ

安田英里佳法律事務所では、平成29(2017)年12月をもって、法テラス(日本司法支援センター)による弁護士費用立替払制度の利用を終了いたしました。

離婚事件の弁護士費用(着手金)の支払方法は、基本的には、一括払いでお願いしておりますが、ご相談に応じて、分割払いにも対応しております。

分割払いの場合は、最大10回払いまで。

分割手数料は不要です。

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。