現在、代理受任業務はお休みしております。離婚相談にあたり、特に、離婚事件を依頼する弁護士を探したいご意向の場合には、当方では、当面、離婚相談のみの対応となり、代理受任業務は対応しておりませんことを、あらかじめご了承いただければ幸いです。

また、今後は、冬季(1月から3月下旬まで)は、離婚相談業務及び代理受任業務のいずれも休業する見込みです。

ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

札幌の女性弁護士安田英里佳による離婚相談!

札幌の女性弁護士、安田英里佳が、離婚相談を行います。

離婚相談の流れをご説明します。

1 相談日の予約 【完全予約制】

相談日は、必ず事前にご予約ください。

相談実施日の調整・決定等は、随時、折り返しご連絡(メールまたはLINE等)をいたします。

折り返しご連絡は、土日祝を除く、2~3営業日以内を目安にご連絡しております。ただ、業務状況によっては、時間を要する場合がございます。
相談希望日等がございましたら、余裕をみてご連絡いただければ幸いです。

※ 土曜日は原則休業ですが、ご希望があれば、土曜日の離婚相談も実施します。直近、その週の水曜日までにご予約をお願いします。直近水曜までに予約なければ、通常通り、土曜日は休業です。日祝日は完全休業です。

メールでの予約の場合 

以下のメールフォームに必要事項をご記入し、「送信」を押してください。

※当事務所の個人情報保護方針はこちらをご覧ください。

※メールフォームは相談予約用です。メールでのご相談は対応しておりません。

※当事務所からの折り返しメールが届かないトラブルが増えています!

パソコンからのメール受信拒否の設定をされている方は、一時的に拒否設定を解除されるなど、当事務所からのメールが受信できるように設定をお願い申し上げます。

また、当事務所からの折り返しメールが、「迷惑メールフォルダ」に格納されるといったケースも増えています!(特にGーmailアドレスの場合)

折り返しメールが遅いなあと思った場合には、「迷惑メールフォルダ」もご確認ください!

LINEでの予約の場合 

LINEのお友だち追加(←左の文字部分をぽちっとするとリンクが貼ってあります。または、下記のQRコードからも可能です。)の上、ご案内内容に沿って、メッセージを送信くださいますようお願い申し上げます。

※お友だち追加だけでは、当事務所からご連絡を差し上げられません。

 必ず、お客様より、ご一報くださいますようお願いいたします。

※当事務所の個人情報保護方針はこちらをご覧ください。

※LINEは相談予約用です。LINEでのご相談は対応しておりません。

○お電話での予約の場合 

相談予約のお電話

①  お名前(フルネーム)と、ご連絡先をお知らせください。

② 相談日時を決定します。

※ 法律相談中など他業務に従事している間は、電話対応が難しく、電話は繋がりにくい状況です。ほとんどの時間、留守番電話設定になっています。
また、着信だけでは気付かないので、お手数ですが、お電話によるお問い合わせの際は、必ず、お名前とご連絡先を留守電メッセージに残してくださいますようお願いいたします。
もしくは、上記のメールフォームまたは、LINEのお友だち追加 のご利用をお願いいたします。)

※ お電話でのご相談は対応しておりません。

☆ 相談実施方法は、下記の2種類からお選びいただけます。

1⃣ 対面方式(当方事務所に出向いていただき、直接顔を合わせながらお話しする方法)

2⃣ zoom方式

(※ 札幌市における新型コロナ感染者状況等によっては、2⃣zoom方式による実施のみとしている場合もございます。その場合は、ブログなど本ホームページ内で適宜ご案内いたします。)

※ 現在、札幌市における新型コロナ感染が急拡大しておりますので、可能な限り、2⃣zoom方式による実施を優先的にご案内しております。ご理解、ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

※ 対面方式の場合は、マスク着用をお願いしております。

☆ 相談時間の目安は、1⃣対面方式、2⃣zoom方式いずれも、1回2時間程度です。

☆ 離婚相談の相談料は、時間長短を問わず、1⃣対面方式による離婚相談、2⃣zoom方式による離婚相談いずれも、1回2万円(税込)を頂戴しております。

☆ 離婚相談の相談料の支払い方法は、下記からお選びいただけます。

※ 相談料及び支払方法に関する詳細は、「相談料・弁護士費用」をご覧ください。

① 現金払い (対面相談のみ。)

② 銀行口座への振込 

③ クレジットカード払い(一括払いのみ。その他、注意事項あり。)

2 相談にあたって準備するもの・相談時に持参するもの

ご用意がなくても、離婚相談を行うことは可能です!

あらかじめご準備いただけると、離婚相談をスムーズに進めることができるほか、より具体的に、踏み込んだアドバイスがしやすくなります。

準備方法がわからないものなどがあれば、予約連絡の際に、気軽にお尋ねください。

(1) 出来事の時系列メモ

【メモの用意なく、相談当日に口頭で教えていただくのでもOK。ただし、事前にご準備いただけると、離婚相談をよりスムーズに進めやすくなります。】

☆ お手持ちのノートやメモ用紙など利用で大丈夫です。

☆ 記入する事項:ご夫婦・家族の大きなイベントや離婚原因となる出来事など。

① 交際開始日

② 入籍日

③ 同居開始日

④ 別居開始日

⑤ 子供が生まれた日や進学・卒業時期

⑥ 離婚を考える原因となった出来事(浮気、暴力、暴言など)

→いつの話か、どういうやりとりがあったのか

(誰と誰が、どこにいて、誰がどういう言葉を言ったのか、誰がどういう行動をしたのか)

詳しくメモしていただけると、大変ありがたいですが、

離婚相談のときには、箇条書きなど簡単なメモ程度でもOKです!

(2) 収入関係資料

 【資料がない場合は、記憶に基づくメモや、口頭でおおよその金額を教えていただくだけでもOK。ただし、特に婚姻費用(生活費)や養育費についてご質問の場合は、資料をご準備いただくと、より具体的に、踏み込んだアドバイスがしやすくなります。】

☆ お勤めの場合:給与明細直近3か月分や源泉徴収票など

☆ 自営業の場合:確定申告書や課税証明書(市役所、区役所や市税事務所で発行してもらえます。)など

(3) 財産関係資料

【資料がない場合は、記憶に基づくメモや、口頭でおおよその金額を教えていただくだけでもOK。ただし、特に財産分与についてご質問の場合は、資料をご準備いただくと、より具体的に、踏み込んだアドバイスがしやすくなります。】

☆ 預貯金:通帳など

☆ 不動産:登記、固定資産の納税通知書や固定資産評価証明書など

☆ 保険(生命保険、医療保険など):保険証券や解約返戻金計算書など

☆ 車:車検証や査定書など

☆ 有価証券(株、投資信託など):株券や証券会社からの報告書など

(4) 裁判所に出した書類のコピーや裁判所から届いた書類

   すでに調停や訴訟などを行っている場合には、ご持参ください。

3 いざ、相談へ!!

相談日も決まって、資料も準備できたら、あとは心の準備だけ!

リラックスしておいでください。心より、お待ちしております。

道に迷ったときは、お電話ください(電話011-252-7214)。
道案内いたします。

☆ 公共交通機関をご利用の方

地下鉄南北線中島公園駅 1番出口 徒歩5分程度

1番出口を出て、左にまっすぐ行きます。

途中、左手に、「ダイワロイネットホテル札幌中島公園」があるので、その角を左に曲がります。

ホテル「プレミアホテル中島公園(旧ノボテル)」の手前(北向かい)。

4階建て、ベージュとグレーの中間のような色合いのビルです。

☆ 車をご利用の方

ビルの専用駐車場はありません。

近くの有料駐車場などをご利用くださいますようお願い致します。

☆ 事務所のご案内

事務所のご案内