札幌の女性弁護士安田英里佳、ブログ更新中♪

☆現在のご案内状況の詳細も、ブログでご案内しております。ご覧いただければ幸いです!

安田英里佳法律事務所、離婚相談について

2022年8月11日(祝木)~8月15日(月)まで、お盆休みとなります。離婚相談申込みのメール・LINE送信は可能です。返信は、8月16日(火)以降、随時行います。

離婚相談の予約受付は、相談のご案内」ページの下の方にあるメールフォームまたは、LINEのお友だち追加 (←左の文字部分をぽちっとするとリンクが貼ってあります。または、下記のQRコードからも可能です。)からのご連絡をご活用くださいますよう、お願い申し上げます。

※お友だち追加だけでは、当事務所からご連絡を差し上げられません。必ず、お客様より、ご一報くださいますようお願いいたします。

(※ 法律相談中など他業務に従事している間は、電話対応が難しく、電話は繋がりにくい状況です。ほとんどの時間、留守番電話設定になっています。
また、着信だけでは気付かないので、お手数ですが、お電話によるお問い合わせの際は、必ず、お名前とご連絡先を留守電メッセージに残してくださいますようお願いいたします。
もしくは、上記の相談のご案内」ページの下の方にあるメールフォームまたは、LINEのお友だち追加 のご利用をお願いいたします。)

離婚相談の流れに関する詳細も、「相談のご案内」でご紹介しています。

相談実施日の調整・決定等は、随時、折り返しご連絡(メールまたはLINE)いたします。

折り返しご連絡は、土日祝を除く、2~3営業日以内を目安にご連絡しております。ただ、業務状況によっては、時間を要する場合がございます。
相談希望日等がございましたら、余裕をみてご連絡いただければ幸いです。

当事務所からの折り返しメールが届かないトラブルが増えています!

パソコンからのメール受信拒否の設定をされている方は、一時的に拒否設定を解除されるなど、当事務所からのメールが受信できるように設定をお願い申し上げます。

また、当事務所からの折り返しメールが、「迷惑メールフォルダ」に格納されるといったケースも増えています!(特にGーmailアドレスの場合)

折り返しメールが遅いなあと思った場合には、「迷惑メールフォルダ」もご確認ください!

✨ 離婚相談の実施方法及び相談時間について ✨

相談実施方法は、下記の2種類からお選びいただけます。

1⃣ 対面方式(当方事務所に出向いていただき、直接顔を合わせながらお話しする方法)

2⃣ zoom方式

(※ 札幌市における新型コロナ感染者状況等によっては、2⃣zoom方式による実施のみとしている場合もございます。その場合は、ブログなど本ホームページ内で適宜ご案内いたしますが、お気軽にお問合せください。)

※ 現在、札幌市における新型コロナ感染が急拡大しておりますので、可能な限り、2⃣zoom方式による実施を優先的にご案内しております。ご理解、ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

※ 対面方式の場合は、マスク着用をお願いしております。

相談時間の目安は、1⃣対面方式、2⃣zoom方式いずれも、1回2時間程度です。

気兼ねなく、じっくり、ゆっくりとお話しください!

✨ 離婚相談の相談料について ✨

離婚相談の相談料は、時間長短を問わず、1⃣対面方式による離婚相談、2⃣zoom方式による離婚相談いずれも、1回2万2,000円(税込)を頂戴しております。

✨ 離婚相談の相談料及び離婚事件受任時の弁護士費用(着手金等)の支払方法について ✨

離婚相談の相談料及び離婚事件受任時の弁護士費用(着手金等)の支払い方法は、下記からお選びいただけます。

① 現金払い【対面による離婚相談のみ。相談当日払い。】

※できる限り、おつりが出ないように、あらかじめご用意いただけると助かります。

② 銀行口座への振込 

【※振込先口座は、離婚相談料については離婚相談実施後に、離婚事件受任時には委任契約書締結時に、当方よりお知らせいたします。】

③ クレジットカード払い

【対面によるカードリーダー利用、または、オンライン請求書(メールかLINEで、お客様に、当事務所からオンライン請求書を送付し、お客様にクレジットカード情報を入力していただき決済する方法。「square」のオンライン請求書機能を利用。】
(注:クレジットカード払いは、一括払い限定女性側の離婚相談という性質上、カード名義のほか、カード利用分の引落し預金口座も、ご相談者様ご本人名義カードの利用に限定させていただきます。また、離婚相談であっても、借金問題が絡む場合等、カード払いのご利用をお断りさせていだだく場合もございますので、ご了承ください。)
※ 詳細は、「相談料・弁護士費用」ページもご覧ください。

代理受任業務お休みのご案内について

現在、代理受任業務はお休みしております。離婚相談業務のみの対応となっております。

離婚相談にあたり、特に、離婚事件を依頼する弁護士を探したいご意向の場合には、当方では、当面、離婚相談のみの対応となり、代理受任業務は対応しておりませんことを、あらかじめご了承いただければ幸いです。

また、今後は、冬季(1月から3月下旬まで)は、離婚相談業務及び代理受任業務のいずれも休業する見込みです。

ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

札幌の女性弁護士安田英里佳ってどんなひと?

○ 女性の心に寄り添って・・・

○ 親しみやすく。じっくりと。

○ こころがふわっと軽くなる♪

札幌の女性弁護士安田英里佳、ブログ更新中♪

☆現在のご案内状況の詳細も、ブログでご案内しております!

ブログでは、各種ご案内のほか、弁護士安田英里佳の離婚相談に対するこだわりや情熱離婚の基礎知識にとどまらず、趣味の文房具アロマハーブお気に入りの本(特にカーネギーは別枠カテゴリーもあり。)や心理占星術をもとにした、その時期特有のメッセージ(季節のおたより)など、こころがふわっと軽くなるお話もつづっています!☆

☆離婚相談をするとき、どうやって、弁護士を選べばいいのかしら?と心配になっている女性は、ブログ「賢く選ぼう!弁護士の離婚相談~どの弁護士に離婚相談したら良いの?とお困りの方へ・・・」もご参照ください☆(やや長文です・・・)←無料相談と有料相談の話を中心に弁護士選びのコツを書いています!

☆弁護士安田英里佳はどんな人?安田英里佳法律事務所ってどんなところ?と気になる女性は「連絡がつきにくくて、ごめんなさい!(汗)~安田英里佳法律事務所は、弁護士安田英里佳が1人でゆるっと運営している法律事務所です☆」「『女性のため』に、こだわっています!!!」など、「やすえり弁護士のこだわり」カテゴリーブログをご参照ください☆

離婚の基礎知識が気になる女性は、「離婚」カテゴリーブログをご参照ください☆ →「離婚の基礎知識」ページにも、まとめて整理しています!

こんな悩み ありませんか?

「夫とは離婚の話し合いをしているけれども、平行線…。もう裁判所の手続をしないといけないのかしら。でも、私1人で裁判所に行くなんて、すっごく不安。どうしよう…。」

「離婚する時は、夫にお金を払うよう請求が出来るのかしら?」

「離婚するには、どういう手続を取らないといけないの?」

「夫だけが働いていて、私は専業主婦。離婚手続中や離婚後の自分や子ども達の生活にかかるお金は、どうしたら良いのかしら?」

「夫から離婚を切り出されてしまった。離婚したくないけど、応じないといけないの?」

など、離婚について悩んでいらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

弁護士から法的なアドバイスをもらいたいとか、弁護士に裁判手続をサポートして欲しいと思われている方も多くいらっしゃるのではないかと思います。

そして、出来れば、自分の話を親身に聞いてくれて、自分の気持ちをわかってくれそうな弁護士に話がしたいと思われているのではないでしょうか?

女性弁護士に出会うのは大変!?

札幌弁護士会には、現在約830名の弁護士がいます(2021年1月時点)。ここ最近は、弁護士全体の数が増えており、札幌弁護士会に所属する弁護士の数も年々増えてきています。

ただ、まだまだ、「弁護士は敷居が高い存在。」という声も、よく耳にします。

それに、今まで弁護士に全く縁がなく生活されてきた方にとっては、いざ弁護士に相談しようと思っても、弁護士を探す方法もよくわからないし、ましてや、どの弁護士に頼むのが良いのかなんて全然わからない、というのが実情でしょう。

ご家族やご友人など近しい方の紹介であれば、弁護士の人柄も何となくわかるかもしれませんが、やはり弁護士の知り合いがいないという方も多いことでしょう。

また、離婚の話となると、とてもプライベートな話なので、周りの方に、知り合いの弁護士がいるかどうか聞いてみること自体に躊躇してしまうかもしれません。

そして、特に、「夫に浮気されてしまった。夫も、浮気相手も許せない!」、「夫から暴言を吐かれ続けて、心がボロボロ。」、「夫から暴力を振るわれた。」といった場合には、女性弁護士に女性の視点で話を聞いて欲しいと思われるのではないでしょうか。

札幌弁護士会に所属する弁護士は約830名とお話しましたが、このうち、女性の弁護士は約130名です(2021年1月時点)。つまり、札幌弁護士会に所属する弁護士の内、女性弁護士は、全体の2割もいないのです(約15%程度)。

今まで私も、女性相談者の方とたくさんお会いしてきましたし、女性の方から離婚事件をご依頼されることも多く経験してまいりました。

偶然に初回の相談で女性弁護士に当たったという方もいらっしゃいましたが、女性弁護士に当たるまで、何度も足を運んだり、複数の相談機関を回ったりした、という方もいらっしゃいました。

このように、女性弁護士に出会うまでに苦労されている方は、大勢いらっしゃるのではないでしょうか。

もっとじっくり話を聞いてほしい!

札幌弁護士会など公的機関の相談では、相談時間が決められており、長くても45分程度になります。また、多くの法律事務所でも、一回の相談時間は30分から1時間程度が目安のようです。

しかし、そのように限られた時間の中で、有益な法的アドバイスを提供するとなると、皆様がお話いただいている途中に割り込まなければならなかったり、話を手短にしてもらったりしなければなりません。または、皆様に自由にお話いただくのではなく、こちらからの質問に回答していただく方法にするしかありません。

そのため、私としては、ご相談下さった方が、話に割り込まれて、嫌な気持ちになっていないかな、皆様が心の不安をきちんとすべてお話してくれたのかな、などと心配になってしまうこともあります。

ですので、私の事務所で離婚のご相談を受ける場合には、夫婦の中でどういう出来事があったのか、離婚を考えるようになった出来事はどのようなことだったのか、今抱えている心配事は何かなど、まずは、皆様のお話をじっくり、ゆっくり、お聞きしています。皆様から一通りお話ししていただいた上で、アドバイスを行うように心掛けております。

まずは、実際に起きた出来事、事実関係がどのようなものであったかを把握することが非常に大事ですので、皆様からゆっくりお話をうかがった方が、適切なアドバイスがしやすくなります。

また、皆様が特に不安に感じている部分をおうかがいできると、その部分に特に重点を置いた回答ができます。

特に、離婚の場合には、ご夫婦には歴史があり、色々な出来事が蓄積して、現在に至っているため、きちんとお話をうかがうとなると、どうしても時間が必要になってきます。

そのため、私の事務所で離婚のご相談を受ける場合には、初回相談では1件に2時間くらいかけていることが多いです。

ですので、私は、広く、このようなゆったり時間をかけて相談できる機会を提供出来たら良いのにと常日頃感じていました。

このサイトを開設した理由

私は、弁護士として、特に離婚事件を扱う中で、

「離婚の悩みを抱えていて、女性弁護士と話をしてみたいと思っている女性に、すぐに女性弁護士に辿り着ける道を作りたい!」

そう強く思うようになりました。

また、私の中で、「弁護士としての初心に立ち返ろう!」という思いもありました。

私は、弁護士になるための勉強をしているころから、「こういう弁護士になりたい!」というイメージを持ち続けていました。

  • 日常生活の中でトラブルに巻き込まれてしまった時に、気軽に相談しやすい弁護士。
  • 親しみやすく、じっくり相手の話に耳を傾ける弁護士。
  • 法律問題の解決はもちろん、それを通じて、心の負担まで軽くなって、相談者が健やかな毎日を取り戻すお手伝いが出来る弁護士。
  • 特に、女性の方が、男性の弁護士だと敷居が高いし、緊張してしまって話しにくいようなイメージだから…と泣き寝入りしてしまわないようにしたい、女性である私が、弁護士として少しでも困っている女性の役に立ちたい!

このような弁護士を目指して弁護士という仕事を志し、そして、女性弁護士だからこそ出来る仕事をしようと思い、現在に至っています。

そこで、2012年、この「女性のための離婚相談/札幌の女性弁護士」という離婚相談サイトを開設することを決意した次第です。

その後、2014年6月に独立し、安田英里佳法律事務所を設立いたしました。自分の事務所を構えるに至ってからは、ますます、女性側の離婚相談に情熱を注ぎ、現在に至っております。

私は、今までお会いした女性の相談者・依頼者の方から、

「弁護士さんというと、怖そうな人を想像していたら、女性弁護士で良かった。最初会ったときにもニコニコしていて、全然怖くなくて、安心できた。」

「女性の気持ちがわかってくれて、嬉しかった。話が出来て、すっきりした。気持ちが軽くなった。」

「じっくり話を聞いてもらえて、これから頑張る勇気が出てきた。」

というお言葉をいただくことができました。

本当に、私の方が飛び上がりそうな程、嬉しいお言葉です。

このような出会いが、もっとたくさんあったら良いなあと思っています。

次に進む勇気を

ですから、離婚のことで悩んでいる女性の皆様、まずは私の事務所にご連絡してみてください。

相談のご案内」をのぞいてみましょう☆

そして、「ホームページを見ました。離婚のことで、安田弁護士に相談したいんです。」とおっしゃってみてください。

そうすれば、重くのしかかっている心の負担が軽くなって、次に進む勇気が出てきますよ!

相談予約の方法はこちらの「ご相談の案内」をご覧ください!

(※ 法律相談中など他業務に従事している間は、電話対応が難しく、電話は繋がりにくい状況です。ほとんどの時間、留守番電話設定になっています。
また、着信だけでは気付かないので、お手数ですが、お電話によるお問い合わせの際は、必ず、お名前とご連絡先を留守電メッセージに残してくださいますようお願いいたします。
もしくは、上記相談のご案内」ページの下の方にあるメールフォームまたは、LINEのお友だち追加 のご利用をお願いいたします。※お友だち追加だけでは、当事務所からご連絡を差し上げられません。必ず、お客様より、ご一報くださいますようお願いいたします。